insta360oneをドローンに積んでみた。ドローン+VRで空を飛んでいる気分になれる?

360度カメラ insta 360 oneをドローンに搭載

VR(仮想現実)はあたかも体験しているかのような気分になれます。ドローンに360度カメラを付けて、その映像をVRとして観れば、あたかも空を飛んでいる気分になれるだろうか?
ということで、4年前からドローンに360度カメラを積む研究をしていました。

これは3年前(2018年)なので、まだ初代insta 360 one(無印)を使っていた時の写真です。

insta360oneをドローンから吊ってみた

ドローンの下にinsta 360 oneを吊るす感じ。

この場合、離陸が大変。専用(ってほどではありませんが)のドローンポートが必要です。

離陸時はドローンポート必須

でも、下に長いと風の影響を受けやすく風が強い時などはドローンが振り回されてしまいます。それと、何とか持ち上げいますが、スロットルを上げておかないと、自然に下降していきます。

また、Phantomは下方部にビジョンポジショニングセンサーがありますが、そのセンサーに干渉してしまうとエラーを発生させてしまいます。エラーメッセージ的には「ビジョンセンサーが故障しました。」だったかな。そんなようなエラーが表示されます。

DJI Phantom 4 Proのビジョンポジショニングセンサー

要は、あまりおススメしない、ってこと。どうしてもやりたい方は自己責任でお願いします、って感じです。

ちなみに、下ではなく、ドローンの上にカメラを付ける、ということもやってみました。

insta360oneをドローン上に着けてみた
insta360oneをドローン上に着けてみた

風に対する抵抗は、ある程度強くなったのですが、絵的にいまいちでした。
空を飛んでいると、どうしても下を見たくなりますよね。
下を見ると、変な形で映るプロペラが見えるんですよ。このプロペラが何とも奇妙なので、却下しました。

insta360oneをドローン上につけた場合の映像

空を飛んでる気分 ドローン+VR

それでは、観ていただきましょう。ドローン+VRの映像を。
これは大杉谷の仙人の家を撮影したもの。
仙人に家のテラスから離陸して、またテラスに戻ってきます。
空を飛んでるいる気分になりますかね?

参考動画「スマホを使ったVR映像の見方」


Comments are closed.