Roland M-200iとSONAR

私が企画するイベントの際に、いつもPAをお願いしているミッキーサウンドさんは
今年の春にRoland M-200iというミキサーを導入しました。

5月のライブでは
「今日で2回目なんですよ。」
と言う言い訳をしていましたが、まだ慣れていなくて、ハウリングの対処にあたふたしている状態でした。
でも、9月のライブではさすがにビシビシ使いこなしていて、
客席やステージ上でiPadを持って、ちょいちょいミキシングをやっていました。
いいなぁ~。

そして、M-200iのカタログを何気なく見ていたら、気になる一言が。
SONARに直接つないで最高40チャンネルのマルチ・トラック・レコーディングができる。なんて書いてありました。

SONARの使い手としては、これは聞き捨てならん宣伝文句。

ということで、いろいろ勉強することに。
明日ライブだっていうのに。
明日の準備をすりゃいいのに、こういう時に限って、なぜかどうでもいいことをやりたくなる。

関係するところのマニュアルを印刷したら、「なんじゃ!この厚さ?!」
300ページくらいになっちゃいました。


「へぇ~。REACってRoland Ethernet Audio Communicationの略なんだぁ。」
なんて、基礎的なことが分かってないやつがマニュアルを読んでもわかるわけもなく、
結局、ローランドのサポートに電話して聞くことに。
いやぁ、いつもながら、やっぱりローランドのサポートは良いっす。
ちゃんと解決してくれる。
どこぞの解決できないサポートとは違います。
(参照=「サポートデスクで暇つぶし」)

さて、だいたい用意しなければならないものや設定しなければならないことは理解できたので、
明日の準備でもしますか。

明日、
千歳烏山駅前広場 10:10ですよ!
演奏曲は、下記です。

★★★コンピューター・ミュージック/SONAR教室 DTM講座★★★


Comments are closed.