CBF10 ありがとうございました

昨日は、お越しいただいたお客様、ご出演いただいた方々、スタッフの方々。
ありがとうございました。

当イベントも10回になり、ある程度それぞれの仕事がお手伝いの方々にお任せできるようになり、私自身にはちょっと余裕ができて、ご来場いただいたお客さんに結構ご挨拶できました。だから個人的には非常に良いイベントになりました。
今までは自分の演奏以外、ステージ周り、ビデオ、写真撮影等バタバタで、来ていただいたお客さんにろくに挨拶もできなかったのですが、今回は、お世話になっている人、久々にお会いする人等、多くの方にご挨拶できて本当によかったです。
改めて「継続は力なり」という言葉をかみしめてました。
最初の頃は本当にバタバタでしたから。
第一回目から支えてきてくれたTWDOOBのメンバーには本当に感謝です。
そして、毎回出演してくれているバンドにも感謝。
最初はTWDOOBしか枠が決まっておらず、他の枠を埋めるのに苦労しました。ホールは1年前予約で予約と同時に利用料の支払いをしなければなりません。以前はドキドキでしたが、今は、継続して出演してくれるバンドも増えてきたので、計画を立てやすくなりました。ありがたいことです。
安定して企画できることによって、新たに出演してくれるバンドも出てきました。
今回は3バンドが新規。今後もぜひご出演いただけたら嬉しいです。
さらに今回からサポート・アクトという企画もスタート。サポート・アクトの縣政愛さんには昼から夜までびっちりお願いして、本当にお疲れ様でした。
サブステージもなかなかご好評いただいているので、さらに充実していきたいと思っております。

 
 
さて、実際の演奏ですが。
今回も私は3バンドで出演しましたが、なんだかんだ選曲的に担当分が軽かったため、自分だけではなく、客観的にバンド全体を眺めることができました。慣れてきたからかもしれませんが。

やっぱり、この人たちの「自分たちがイベントを楽しもう」という姿勢は大好きですわ。

KISSのお面を作る人たち

塗り塗り道具

スタッフ向けステージ計画書の中に
「ベースを床に叩きつけて壊すパフォーマンス」
的なことを書いていたため、ホール・スタッフの3名から、
「これはだめですよ!」
と代わる代わる言われ、そのたびに
「ベースの形したクッションですから」
と言い訳していた・・・ベース(後ろに隠れている小っちゃいやつ)

ジーン・シモンズの生着替え

High Enoughなフレディの背中

さて、次回のCBF11は7/11(土)です。
出演募集も始まりました。
ぜひ、またよろしくお願いいたします。

 
 

★★★コンピューター・ミュージック/SONAR教室★★★

★★★DTMレッスン 無料体験・入会金無料キャンペーン実施中★★★


Comments are closed.