SONAR & M200i  34トラック同時録音

社会人になって離れていた音楽熱。
その熱を親父になって復活させてくれた某幼稚園のクリスマス・ライブがやってきました。
私が企画して手探りで始めたこのライブも6回目も迎えていました。
もう私は卒園して出演者ではありませんが、裏方としてビデオ撮影で参加させてもらっています。

IMG_2795_131214xmas

今回もビデオカメラは合計13台。
ステージ周りが8台。
IMG_2785_131214xmas
客席後方からが5台。
IMG_2814_131214xmas
マルチ・ビデオカメラのアングルワークについては、かなり熟練してきて、
オペレーションも安定してまいりました。
ここまでに至るにはやっぱりいろいろ苦労はありましたが。

そして!
今回、私としてのトライアルは
REACを使ったマルチトラック・レコーディング。

PAの卓が今年からRolandのM200iに移行された、とのことを聞きつけ、
M200iとSONARのコラボを実験したかったのです。
IMG_2781_131214xmas

そもそも、なぜマルチトラック・レコーディングが必要かというと。。。

ライブが終わって、来てくれたお客さんに、
「キーボードが小さくて良く聴こえなかった。」
という声を良く聞いていたからです。
キーボードやボーカルが小さいとか、ライブはやっぱりいろいろあります。
曲によってもバランスを変えてほしい時がありますが、
何バンドも出演するライブで、そんなにきめ細やかなミックスをするのは不可能です。
でも、各パート、バラバラの音源を持っておけば、
DVDの編集の際に、キーボードの音だけを足してあげて、バランスの良いサウンドを作ることができるのです。

マルチトラック・レコーディングが有益なことは理屈ではわかっていても、
それをやろうとすると、高価な機材が必要だったり、別途それ専門のエンジニアが必要だったり、
とても、アマチュアレベルでできるものではありませんでした。
しかし、パソコンでできるようになって、安価に、手軽にできるようになる、となると、
これは革命ですよね。

さて、システム面ですが。。。

RolandのミキサーはREAC(Roland Ethernet Audio Communication:リアック)というインターフェースでデジタル・オーディオを拡張します。
IMG_2802_131214xmas
形としては、LANで使われているケーブルを使うので、パソコンとの相性もばっちり。
IMG_2804_131214xmas

一番心配したのが、長時間録音。
非圧縮のWaveファイルを、34トラック同時に書き込んでいくので、
ハードディスクのIOスピード、容量がパンクしないか? などなど、ヒヤヒヤでした。
IMG_2823_131214xmas

結果は成功。
ばっちりマルチトラックにて録音ができてました。

【スペック表】
パソコン  マウスコンピュータのノートPC
CPU    Intel Core i7-2670QM@2.20Ghz
実装メモリ 8.00GB
種類    64ビットオペレーションシステム
OS     Windows 7 Home Premium SP1
記憶媒体  SSD 256GB

【ライブ時間】
1部    1時間06分
2部    1時間33分
アンコール 22分
合計    3時間01分

【録音】
録音チャンネル数   34チャンネル
(REACは規格上、40チャンネルまで録音可能だそうです)
サンプリングレート  48KHz
ビット数       24bit
上記3時間分のディスク容量=50.0GB使用

Roland Live Mixing Console M-200i

新品価格
¥269,300から
(2013/12/15 22:56時点)

cakewalk SONAR X2 PRODUCER / CW-SX2PE (通常版)

新品価格
¥61,634から
(2013/12/15 22:57時点)

★★★ちょうふバンドフェスティバル Vol.7★★★
cbf07

★★★コンピューター・ミュージック/SONAR教室 DTM講座★★★
sonar_sc_logo_kopiiri

Comments are closed.