新木場でスピーカーの林を見た

IMG_20150520_151432

全部で64本のスピーカーがあるそうです。
上のようなにょきっと立った無指向性のスピーカーから、キューブ型のスピーカー。
IMG_20150520_151516

バスドラをくり抜いたスピーカー。なんてのもあります。
IMG_20150520_151456
バスドラの音はやっぱりバスドラの木の胴で鳴らさないといけない!、らしいです。

このスピーカーの林を作っているのがこの人。
IMG_20150520_151753

音響関係では知らない人はいない「ヒビノ」という会社のエンジニアだった宮本宰(みやもとつかさ)さん。
PAエンジニアとして携わってきた仕事がすごい。
宮本さんがスタッフとして携わったライブのステージ・パスが、話のネタに、っていうので置いてあるのですが、これが、おーーーーーっ!!!!ていう感じで。
「これ、このライブ行ったぁ!!!」なんてのがありそうです。
IMG_20150520_152345

IMG_20150520_152511

IMG_20150520_152604

IMG_20150520_152627

IMG_20150520_152657

IMG_20150520_151557

IMG_20150520_152354

IMG_20150520_152407

IMG_20150520_152412

IMG_20150520_152437

IMG_20150520_152451

いや、そりゃー、持っていっちゃうやついるでしょ。
IMG_20150520_152543
 
 
さてさて、スピーカーの林に話を戻します。

今まで、さんざん爆音を作ってきた宮本さん。
爆音を極めた先に見えてきたものは
「音ってのは、電機的にミックスダウンしたものじゃないだろう。
 自然の空気、空間がミックスしてくれるもの。
 それが本当の音なんだ。」
っていうような内容を熱く語っていただきました。

1本1本のスピーカーの横に行き、耳を澄ますと、
バイオリンの音だけのスピーカー、
トランペットだけのスピーカー、
チェロだけのスピーカー、
と一つ一つのスピーカーから一つの楽器の音が鳴っています。
DTMで習うのは、
音を右左に振り分け(パンニング)、リバーブやコーラスを使って奥行き感を出して、L+Rの2トラックにミックスダウンをするということ。
でも、ここではパンニングもリバーブも使わず、
スピーカーの位置だけで、それぞれの楽器の定位を表現しています。

スピーカーの間を歩き回って音を楽しむこともできますが、
ソファーにどっかりと座って耳を澄まして聴くこともできます。
ちなみにこのソファーはボディ・ソニックになってます。
IMG_20150520_152115

さて、どうやって64チャンネルの音を出しているかというと。
IMG_20150520_151856
DTMで64トラックの音声トラックを再生して、
IMG_20150520_151912
DA(デジタル→アナログ)変換、
IMG_20150520_151930
64チャンネル分のアンプを通って、
IMG_20150520_152015
各スピーカーを鳴らしています。

DTMをやっている人ならばだいたいどんな仕組みかはすぐにわかるかと思いますが、
再生装置としてはそれほど難しいシステムではありません。

しかし、この特注の無指向性スピーカーやバスドラ・スピーカーなどは、スピーカーメーカーとのコラボによって作られたもので、そこらへんに売っているようなものではありません。
IMG_20150520_151447

64本のスピーカーから奏でられる音楽はまたなかなか違う空間を作りだしてくれます。
 
 
実はここ、スピーカー林はただの実験室に見えますが、カフェ&バーなんです。
「SYMPHO CANVAS(シンフォキャンバス)」というカフェ&バーで、ちゃんとお酒を出してくれたりします。
・八ヶ岳地ビール ¥780
・白州森香ハイボール ¥780
とか。チャージ=¥1,000、サービス料=10%と言った感じで。
でも、営業時間は
・金曜日 19:00-23:00
・土曜日 13:00-23:00
だけという超マニアックな感じ。
完全に宮本さんの道楽の世界。
こんなに道楽に没頭できるなんて羨ましいなぁ、と思いつつ、
井坂もこの道楽に混ぜてもらおうかと策略中。

ホームページ=「SYMPHO CANVAS(シンフォキャンバス)

 
 

★★★コンピューター・ミュージック/SONAR教室★★★

★★★DTMレッスン 無料体験・入会金無料キャンペーン実施中★★★

sonar_sc_logo_kopiiri

Comments are closed.