シシ渕ドローン映像がYouTubeチャンネル【公式】観光三重にて

大杉谷にある有名な景勝地「シシ渕」。ポスターとかでも良く使われてます。
でも、東京の人に「渕(淵:ふち)」って言っても、
「えっ、ど、どれ? どこ?」
って感じですよね。(※「渕」は俗字)
私がそうでした。
(シシ渕は岩壁と岩壁の間を指しています。後ろに見えている滝はニコニコ滝)
そもそも渕って深淵とか言って深い水溜まりみたいなところを言うらしいです。ここシシ渕もかつては、黒々してものすごく深い水底だったらしいです。
今では水底が見えちゃってますからね~ 。 台風のたびに土砂が流れ込んでくる。
名前からすると底が見えちゃうのはNGなんですけど。

大杉谷も年々景色が変わってきているそうです。
変わらない内にたくさん映像を残しておきたいですね。

雨の大杉谷。

梅雨明け!、ということで大杉谷に撮影ツアーに出かけました。

1日目、お昼くらいからパラパラと雨が降ってきたので、ちょっと濡れながら桃の木小屋までがんばる。
ここで台風が近づいていることを聞く。

午後からは桃の木小屋でまったりとした時間を過ごす。

晩飯が結構豪華。

2日目。朝は天気が良かったので、撮影に繰り出す。

2日目の昼から雨が降り出したので、2日目の午後も桃の木小屋でまったりと過ごす。

3日目の朝、小屋の前の川が増水している。

この苔岩(下写真)が目印になっているそうです。

この苔岩の頭まで水にかぶっているようだと、途中のシシ渕が増水で帰れなくなるそうです。

この状況だと、大丈夫、とのことで。
雨はガンガン降っていますが、カッパを着て、下山します。

平等嵓。ここなんて晴れの日に来ると、水がちょろちょろしか流れていません。

帰れるか?、帰れないか?。の分かれ道。シシ渕。

これくらいでしたら、足のくるぶしくらいまでつかることを我慢すれば渡れます。

増水したシシ渕
増水した千尋滝

ということで、「雨の大杉谷」動画(下)。

さすがにこの雨ではドローンは飛ばせないので、ハンディカムの映像になります。